風俗嬢相手に遠慮はいらない

待つのは苦じゃないんです

風俗店で待つのはそこまで苦じゃないんですよね。むしろ待合室のあの雰囲気、嫌いじゃないくらいなんですよ。きっと少数派だとは思うんですけど、待合室は漫画がありますし、それにスマートフォンを弄っているのは自由じゃないですか。だから別にそこまで嫌いじゃないんですよ。それに、別に他の人がいるからって言ってもあの空間はこれから男として楽しむべき男たちが待っているんです。お互い干渉しないのが言わば暗黙の了解じゃないですか。だから別に変に気を使うようなこともありませんしね。予約していない場合はかなり待ちますけど、日常生活の中であまりゆったりすることもないので、漫画やスマートフォンを楽しみつつ、自分の時間だって思って楽しむようにしています。むしろそれくらい余裕を持っていた方が、いざ風俗嬢との一戦が始まった時にそれまで溜めていたものを一気に吐き出すことが出来るんじゃないかなって思うので、、待つのは嫌いではないんですよ。

やっぱり見た目だけじゃ分からない

やっぱり風俗って見た目だけじゃわからない部分がありますよね。だから自分でもどうするのかは悩むんですよ(笑)風俗のホームページを見るじゃないですか。ホームページはとっても貴重な情報ソースではあると思うんですけど、でもホームページだけでは分からないことがあるのも事実なんです。そうすると、どこで判断すれば良いのか分からないことだって多々でてくるじゃないですか。だから実際に指名して、ご対面してみないことには分からない部分もたくさんあるなとは思いますよね。分かっていれば、そこまで難しい事じゃないとしても、実際に会ってみないと分からないことは多いんです。その点では結局は運次第でもあるので、風俗を楽しむのであればあまりこだわらず、それこそ運任せくらいでも良いんじゃないかなって思うようになってきたんですよね(笑)その方が、良い子だったらラッキーって言う割り切った気持ちになれるんじゃないかなって思いもありますし。