風俗嬢相手に遠慮はいらない

営業で良かったと思うこと

一般的に営業職と言えば大変な職種って思われているかもしれませんけど、実際にはそうでもないんですよ。まぁ大変なのは大変なんですけど、自分の時間も多いので案外マイペースにやっています。営業時間中に風俗に行くことだって多いですしね(笑)仕事だってそんなに毎日のようにモチベーションが高い訳ではないんです。やる気が出ないような時もあるので、そんな時には風俗のお世話になることも多いんですよ。不思議なもので、風俗に行くとシャワーでスッキリするからなのか、女の子に抜いてもらってスッキリするからなのかまでは分かりませんが、気持ちの面で引き締まるんですよ。鞄にGPSが付けられている訳ではないですし、風俗に行ってもバレる訳ではないだけに、仕事中に風俗に行くのはちょっとした楽しみでもあるので、営業職はそこまで大変ではないんですよね。まぁ結局どれだけ要領よくやれるのかって話なのかもしれないんですけど、楽しくやってますよ。

前向きな気持ちこそ、大きなテーマです

どんなことでもそうだと思うんですけど、自分自身が前向きな気持ちを持てば大抵のことは楽しいと思うんですよね。風俗でもそうだと思って、選んだ女の子と向き合ってからは前向きに楽しむようにしています。どんな風俗嬢なのかではなく、自分がどんな気持ちで楽しめるのかこそ、風俗はとても大切な気がするんですよね。。だから風俗では女の子と前向きな気持ちを持つよう、女の子の良い面だけを見るようにしているんです。ダメな部分を見始めたら、それこそキリがないだろうって話ですしね。それよりも、どんな女の子であっても良い部分くらいはあると思うので良い部分をこそ見てからしっかりと選ぶようにしているんです。それに、自分が前向きな気持ちで風俗嬢と向き合っていたら、どんな女の子相手であってもそれなりに楽しいなって思えるってことにも気付いてきたんですよね。だから風俗は誰を選ぶかじゃなく、自分の気持ちが大切なものなんだなってことに気付きましたよ。