風俗嬢相手に遠慮はいらない

風が気持ち良かったのを覚えている

この前の風俗は久しぶりにデリヘルにしてみました。確かその前は性感マッサージだったんですよね。毎回のようにホームページを確認しながら、どうしようかなと悩むのもそれはそれで風俗の楽しさの一種なんじゃないかなって思っているんですけど、今回はデリヘルにしてみたんです。そしてホテルで普通に楽しんだんですけど、その時にとにかく印象に残っているのは風が気持ち良かったことなんですよ(笑)女の子もとっても良かったと思うんですけど、普通のホテルだと密閉されているじゃないですか。でもそこは高階層だったからなのか、普通に窓が開けられたんです。そのおかげで解放感もありましたし、部屋に風も通るしで、いつものデリヘルとはまた違った気持ちを味わうことが出来たんですよね。それがとっても印象に残っているんです。プレイ以外の面でここまで印象に残ることってそうそうないんですけど、それもまた、デリヘルの魅力と言っても良い部分なんじゃないかなって。

感情的になるからいいんです

「感情的」というと怒っているっていう印象になりがちですけど、自分の気持ちをさらけ出しているってことだと思うんですよ。だから別に起こっているって言うこととはまた違いますよね。むしろ気持ちをさらけ出すことなので、例えば風俗でも感情的になっていると思うんですよ(笑)風俗では普段抑圧されている気持ちを思う存分発散することが出来ると思うので、それがまたとっても楽しいんですよね。それでいろんな気持ちを持って楽しめるというか、オーソドックスに抜いてもらうだけでも楽しいんですけど、自分の気持ちに正直になって気持ちを剥き出しにして快感と向き合う。これもまた、風俗だからこそ出来る物なんじゃないですかね。社会全体がデリケートになっていますので、少し自分の思っていることを出すとあれこれ言われることもあると思うんですよ。でも風俗では自分の気持ちをどれだけ出したとしても、あれこれ言われるようなこともないし、満足だって出来ますしね。